東京・神奈川の建設業許可申請はお任せ下さい

建設業許可ストレート.com

お気軽にお問合せ下さい

042-843-4211

板金工事業の建設業許可はお任せ下さい

東京都・神奈川県で板金工事業の建設業許可の取得を全力サポートします。

    

お電話でのお問合せはこちら

042-842-4211

 

板金工事の内容

金属薄板等を加工して工作物に取付け、又は工作物に金属製 等の付属物を取付ける工事

        

       

板金工事の例示

板金加工取付け工事、建築板金工事

 

        

板金工事業の対応資格

板金工事業の建設業許可を受けるために必要な専任技術者に求められる資格は次のとおりです。

■一級建築施工管理技士

■二級建築施工管理技士(種別:仕上げ)

■技能検定

 ・建築板金(ダクト板金作業)

 ・建築板金(内外装板金作業)

 ・板金(建築板金作業)

 ・板金工(建築板金作業)

 ・工場板金

 ・板金

 ・板金工

 ・打ち出し板金

以上いずれかの資格を保有、または一定以上の実務経験を積んだ方が会社に常勤でいる必要があります。

特定建設業の場合は一級建築施工管理技士技術士に限られます。

※指導監督的実務経験を除く

        

       

板金工事業の実務経験

建設業許可の専任技術者は、資格をもっていなくても10年以上の実務経験を積んで要件を満たすことも可能です。(学歴による必要期間短縮あり)

板金工事業の専任技術者になるには上記板金工事の例示のような実務経験が必要とされます。

板金工事業の建設業許可を取得していない会社で板金工事の実務経験を積んだ場合、それを証明する書類として期間通年分の『契約書』『注文書+請書』『請求書+通帳』のいずれかの原本が必要となります。

板金工事業の建設業許可を持っていない業者は、500万円(税込)以上の板金工事を請負、施工することができませんのでご注意下さい。

        

       

板金工事業に関わる学歴

通常、資格のない方が板金工事業の専任技術者になる場合は10年以上の実務経験が必要ですが、指定学科卒業の学歴により期間の緩和が認められます。

板金工事業の指定学科は『建築学』『機械工学』とされており、具体的には次のような学科を卒業している必要があります

建築学に関する学科

建築システム科、建築設備科、建築第二科、住居科、住居デザイン科、環境計画科、環境都市科、造形科

機械工学に関する学科

エネルギー機械科、応用機械科、機械科、機械技術科、機械工学第二科、機械航空科、機械工作科、機械システム科、機械情報科、機械情報システム科、機械精密システム科、機械設計科、機械電気科、建設機械科、航空宇宙科、航空宇通システム科、航空科、交通機械科、産業機械科、自動車科、自動車工業科、生産機械科、精密科、船舶科、船舶海洋科、船舶海洋システム科、造船科、電子機械科、電子制御機械科、動力機械科、農業機械科、学科名不問で機械(工学)コース

上記のような指定学科の卒業歴がある場合の板金工事業における実務経験は次の年数で足ります。

指定学科の高校(旧実業学校含む)卒業後5年

指定学科の大学(高等専門学校・旧専門学校含む)卒業後3年

ここに記載されている名称どおりでなくても履修内容により指定学科と認められるケースもありますのでお問合わせ下さい。

        

       

板金工事業の経管

建設業許可には経営業務の管理責任者の常勤という要件があります。

板金工事業の経営業務の管理責任者になるためには次のいずれかの経験が必要です。

板金工事の請負、施工の経営経験5年

■その他の建設業について経営経験6年

経営経験とは、法人の取締役・支店長や個人事業主等の経験のことをいいます。

        

       

工事区分の考え方

■「建築板金工事」とは、建築物の内外装として板金をはり付ける工事をいい、具体的には建築物の 外壁へのカラー鉄板張付け工事や厨房の天井へのステンレス板張付け工事等である。

■「瓦」、「スレート」及び「金属薄板」については、屋根をふく材料の別を示したものにすぎず、また、 これら以外の材料による屋根ふき工事も多いことから、これらを包括して「屋根ふき工事」とする。 したがって板金屋根工事も『板金工事』ではなく『屋根工事』に該当する。

新規申請料金

▼ 新規許可応援キャンペーン実施中 ▼

建設業許可新規申請    100,000円~   

 

■表示は「資格者在籍」+「建設業許可取得会社での役員経験者在籍」の場合の料金です。

■クオリティ維持のため新規キャンペーンは毎月先着5名様限定とさせていただきます。

■その他のケースにつきましても必ず見積書を提示します。

 

お電話でのお問合せはこちら

042-842-4211
必須
必須

■会社名の場合はご担当者様のお名前もご記入下さい

必須
必須

■お間違えのないようご確認下さい

テキストを入力してください

■送信完了画面に切り替わります

 お電話でのお問合せはこちら

042-843-4211

  メールはこちらから

MENU